身近な人がインフルエンザにかかってしまうと、つぎは自分がかかるかも…!?と怯えるのは嫌ですよね。そうならない為にも今出来る可能な限りの対策を是非とっておきましょう!

2016年08月の記事一覧

インフルエンザに最適なマスクの寿命と最新情報

インフルエンザウイルスから身を守るためには、飛沫感染と接触感染を防ぐ必要があります。
そこで有効的なのは、外に出掛ける際には忘れずにマスクを使用するということです。
屋外に出る際にマスクを使用すると、他者からの飛沫感染を防ぐことが可能になります。
会社や学校のみではなく、電車の車内や駅、商業施設や公共施設など常時不特定多数の人々が存在している場所では外さないように心がけましょう。
家族と同居しているという環境下で、家族がインフルエンザになった場合は家の中でも外さずに着用し続けることが求められます。
マスクは取り扱い方法にも気を付ける必要があり、無意識的に使用を続けてしまうと意味を成さない可能性があります。
今日の製品というのは、従来品に比べると生地が丈夫なので寿命が長く、使おうと思えば長期間使用することができるのですが、必ず一度使用したものは再利用しないようにしてください。
汚れていないように見えても、目に見えていないだけで数多くのウイルスが付着しているのです。
また、外す場合には肌に触れていた面に触れることは避け、できるだけ耳にかける部分を持って捨てるようにしてください。
こうした使い方というのは、常に新しい情報が発信されており、インターネットなどを利用すると、最新の有効的な使い方を目にすることができます。
当然、細菌の侵入を防ぐ方法として基本と言うことができる手洗いとうがい、消毒もインフルエンザに対して有効です。
帰宅時はもちろんですが、出かけていないという場合でも食事をする前など定期的に手を洗うことが好ましいです。
ただし、うがいは過度に行いすぎると粘膜がダメージを負ってしまい、逆効果になることがあるので程々にしましょう。

続きを読む