身近な人がインフルエンザにかかってしまうと、つぎは自分がかかるかも…!?と怯えるのは嫌ですよね。そうならない為にも今出来る可能な限りの対策を是非とっておきましょう!

インフルエンザと薬局と空気清浄機を使う

インフルエンザにかかったら、薬局やドラッグストアなどで薬を探す人もいるかもしれません。しかし、薬局やドラッグストアなどではインフルエンザに効果的な薬は取り扱われていません。インフルエンザの治療薬は病院などの医療機関でのみ処方されるため、できるだけ早くドクターに相談すると良いでしょう。最近では空気清浄機を家に置く人が増えてきています。花粉症対策や悪臭対策、感染予防などに効果的とされていますが、風邪やインフルエンザの予防効果を期待している人も多いでしょう。確かに空気清浄機を使うことで予防に一定の効果はあるとされています。しかし、空気清浄機を使うだけでなくうがいや手洗いなども心がけることが大切です。日本では冬になると毎年のようにインフルエンザが流行していますし、かかったことのある人も多いかもしれません。インフルエンザはインフルエンザウイルスが原因であり、粘膜にウイルスが付着することでさまざまな症状が出てきます。このウイルスは低温で乾燥した環境を好むため、部屋の湿度を保つことが効果的な予防方法となっています。一般的な空気清浄機でもウイルスを除去する効果はあるかもしれませんが、さらに効果を高めたいなら加湿機能の付いたタイプを選んだ方が良いでしょう。加湿空気清浄機には部屋の空気を綺麗にする効果はもちろん、加湿機能によって部屋に適度な湿度を与えてくれます。商品によっては抗菌や防カビの機能が付いていることもありますし、綺麗な水で加湿することができます。また、インフルエンザを予防したいという場合、ワクチンの接種を受けるという方法もあります。ワクチンは流行する時期の1週間~2週間前に接種することが良く、子供や高齢者などにおすすめです。